お知らせ   

すばる・北斗福祉作業所

身体障害者通所授産施設『すばる福祉作業所』と、知的障害者通所授産施設『北斗福祉作業所』は、
昭和61年4月公設公営の施設として開所されました。
この間、公立施設として障害者の福祉を増進し、障害者の発達と自立を促進できる施設として、また
市内各施設のセンター的役割を基本理念に、『就労の場』、『生活の場』を提供する施設としての役割を果たしてきましたが、平成18年4月1日から寝屋川市の指定管理者として「社会福祉法人すばる・北斗」が施設の運営にあたることになりました。

平成20年10月からは、障害者自立支援法の新事業体系に移行し、施設名も『すばる・北斗福祉作業所』に改めました。
そして、この度平成26年4月1日から、寝屋川市の指定管理者として、新たに『あかつき園』・『ひばり園』・『第2ひばり園』の指定を受け、法人名を「社会福祉法人すばる・北斗」から「社会福祉法人 療育・自立センター」と改めることになりました。

私たちの施設は、どれも寝屋川市の障害児・者、家族、市民にとって「誇るべき財産」であり、利用される方が、心身ともに健やかに育成され、また大切な働く場所、心のよりどころとして次の世代へ残していくことが必要と私たちは考えています。どんなに障害が重くても、住み慣れた寝屋川の地で暮らし続けたいという障害児・者、家族の願いを実現するため、さらなる発展を目指していきます。